2022年|カロナール出荷調整はいつからいつまで?原因はコロナ第7派?

スポンサーリンク

2022年7月27日「カロナール 出荷調整」というワードがトレンド入りに・・・。

あゆみ製薬のよく知られている解熱鎮痛薬だけに、世間に混乱を与えています!

カロナール出荷調整ってまじ!?いつから?

カロナールないって、コロナかかったらどうすりゃいいの・・・。

など、ネット上では悲痛の声があがっています!

  • カロナールの出荷調整される期間や対策について
  • カロナール出荷調整の原因は何なのか

この2点について、詳しくご紹介します!

スポンサーリンク
目次

2022年・カロナール出荷調整はいつからいつまで?

カロナールが出荷調整される期間は、いつからいつまでなのでしょうか?

Twitterの声から調査しました!

そこで、医療関係者の方があゆみ製薬から通知された資料を調べてみました!

カロナールの出荷調整文書
出典:Twitter

まずは、「いつから出荷調整なのか」についてですが、2022年7月27日からとなっています。

そして、「いつまで出荷調整なのか」についてですが、未定となっています。

これはヤバすぎる事実ですね・・・。

どこの家庭にも常備してあるようなポピュラーな薬だけに、混乱を招いてしまうことがわかります!

その上、出荷調整の解除が未定となると・・・常備薬として服用していた方にとっては不安が大きいと思います。

カロナール出荷調整の解除については、過去の事例から予測してみました!

あゆみ製薬(東京都中央区)は2018年3月28日、カロナール(一般名アセトアミノフェン)関連全製品の出荷調整を解除した。
山本化学工業(和歌山市)の原薬供給停止の影響で、2017年10月に出荷調整を行ってから約半年での解除となった。

引用:DIonline

2018年3月にあゆみ製薬のカロナールが出荷調整された際は、約半年後の2017年10月に解除されたようです。

これらのことを踏まえると、今回のカロナール出荷調整の解除は、2023年1月ごろになるのかもしれません・・・。

原因はコロナ第7派?

カロナールが出荷調整になった原因は、新型コロナウイルスの第7派によるものなのでしょうか?

あゆみ製薬から発表された文書では、次の通りになっていました。

カロナールの出荷調整文書
出典:Twitter

新型コロナウイルス感染症「第7派」の影響により、想定を大幅に超える需要が継続しております。
感染症の動向を予測することが困難な上に、この状況が継続すれば、安定供給に支障を来すことが判明いたしました。

引用:あゆみ製薬 出荷調整のお知らせより

原材料が足りないのか、人材のリソース不足なのかは明記してありませんが・・・。

新型コロナウイルスの第7派が原因ということは確実のようです!

また、病院受診の際に必要以上にカロナールを処方していたことも、出荷調整の原因の一つなのかもしれません・・・。

スポンサーリンク

2022年・カロナール出荷調整に対する対策は?

カロナールが出荷調整に入ってしまった現在、どのような対策があるのでしょうか?

Twitterの声からまとめました!

①コロナウイルス感染予防の徹底・予防接種

まずは、これまでどおりコロナウイルス感染予防の徹底・予防接種をしていくことです。

一番はコロナウイルスに感染しないということですね!

そうすることで、カロナールの服用は必要なくなります。

②カロナール以外の解熱鎮痛剤を使う

つぎに、カロナール以外の解熱鎮痛剤を服用するということです。

解熱鎮痛剤はカロナールだけではありません。

カロナールに固執せずに、ほかの薬も用法容量を守って服用していくことですね!

③必要最低限ストックを購入する

さいごに、必要最低限をストックとして購入することです。

この情報を知った後に、必ず買い占める人たちが出てくることが予想されますが・・・。

ストックするのは本当に必要な分だけと意識して、常備薬として持っておくようにしましょう。

スポンサーリンク

2022年・カロナール出荷調整に世間から悲痛の声!

カロナールの出荷調整に、世間からは悲痛の声があがっています!

Twitterの声をまとめました!

これまで大量に処方されていたカロナールが病院からなくなることは、大きな衝撃を与えているようです・・・。

今後も厳しい状況が続くと思われますので、引き続きコロナウイルス感染防止に努めていきましょう!

スポンサーリンク
目次
閉じる