【大阪桐蔭吹奏楽部】顧問は梅田隆司先生!評判や年齢・経歴を紹介!

スポンサーリンク

2022年全国高校野球選手権で、一際目立つ存在になっている「大阪桐蔭吹奏楽部(ブラバン)」!

華麗なマーチングとともに、「鎌倉殿の13人」などユニークな選曲で注目を浴びています。

大阪桐蔭のブラバン演奏が楽しみすぎる!

顧問の梅田先生って元野球部なの?

など、ネット上で話題となっています!

  • 大阪桐蔭吹奏楽部・顧問の梅田先生についての評判
  • 梅田先生の年齢や異色の経歴

この2点について、詳しくご紹介します!

スポンサーリンク
目次

大阪桐蔭吹奏楽部の甲子園での演奏が話題!

大阪桐蔭ナインの攻撃を後押しする、吹奏楽部の『神応援』が話題となっています!

大阪桐蔭吹奏楽部
出典:毎日新聞

平井大の「栄光の扉」や、NHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のテーマ曲など新曲のレパートリーも多数!

甲子園の中継を視聴する方の中には、「ブラバンの演奏が楽しみ」という声が多く見られます。

甲子園球児とともに、熱い演奏を奏でる吹奏楽部メンバーの姿にも、胸を打たれます・・・。

スポンサーリンク

大阪桐蔭吹奏楽部・顧問の梅田隆司先生の評判は?

大阪桐蔭吹奏楽部の顧問は、梅田隆司先生ということは有名ですよね!

最近ではメディア出演の機会もあり、世間の認知度も高まっているのではないでしょうか。

梅田隆司総監督
出典:ロケットミュージック

そんな梅田隆司先生ですが、どんな評判があるのでしょうか?

大阪桐蔭吹奏楽部OBからの評判

大阪桐蔭吹奏楽部についての評判が以下のとおりです。

大阪桐蔭高等学校の吹奏楽部(Ⅲ類)は、とても設備が充実していて練習環境も良く、吹奏楽が好きな人にはとても良い学校です。

練習時間も十分に確保でき、練習場所も各パートごとに部屋が割り当てられていて、のびのびと練習できます。

引用:みんなの高校情報

このコメントから、顧問であり総監督である梅田隆司先生の環境づくりが良いことがわかりますね。

大阪桐蔭吹奏楽部OBからの評判も高いようです!

大阪桐蔭吹奏楽部生徒からの評判

大阪桐蔭吹奏楽部生徒から、梅田隆司先生が慕われていることがわかる動画です。

この動画は、梅田隆司先生が誕生日を迎えられる時に、生徒たちがドッキリで準備した企画のようです!

学業や、演奏の練習の合間を縫って考えた生徒たち・・・。

梅田隆司先生が生徒から尊敬され、慕われていることがわかりますね。

この動画から、大阪桐蔭吹奏楽部生徒からの評判も高いようですね!

梅田隆司先生の教え子からの評判

梅田隆司先生がメディアへの出演機会が多くなったことで、教え子からのツイートがありました。

教え子の進路を考え、進学をサポートするエピソードはとてもリアルですね・・・。

大阪桐蔭吹奏楽部の総監督でもある梅田隆司先生は、時には厳しいこともあるかもしれませんが、教え子から感謝される先生です。

また、「優しい」や「大好き」という声も多数あり、かなり評判が高いことがわかりました!

世間の方々からの評判

梅田隆司先生に対する、世間の方々の評判も高いことがわかりました!

梅田隆司先生がニュース番組「NewsZero」に出演されたとき、多くの方々から絶賛する声がありました。

それに伴い梅田隆司先生の人気が上がり、ファンが急増

また、NHKから演奏依頼のオファーがあるなど、まだまだ活躍の幅が広がりそうですね。

スポンサーリンク

大阪桐蔭吹奏楽部・顧問の梅田隆司先生の年齢や経歴を紹介!

梅田隆司先生の年齢や、経歴について順番にご紹介します!

梅田隆司先生
出典:京都文京学園

年齢は?

梅田隆司先生の2022年8月時点の年齢は70歳です。

大阪桐蔭吹奏楽部の演奏を指揮している映像でもわかるように、とっても若く見えますよね!

そのため、梅田隆司先生の年齢が70歳と知った人たちからは驚きの声が・・・!

梅田隆司先生は1952年生まれとなり、同世代の有名人には作曲家・坂本龍一さんや、俳優・三浦友和さんなどがいらっしゃいます。

まだまだ現役で活動されているため、若々しいパワーが感じられますね!

経歴は?

梅田隆司先生は、かなり異色の経歴をお持ちでした!

大阪桐蔭吹奏楽部総監督の前田隆司
出典:毎日新聞

中学校時代

野球部に入部

部員が100名ほどの規模で、体も小さかったため限界を感じて退部。

この頃、甲子園を夢見ており憧れの舞台だったと語っています。

この想いが、今の甲子園での演奏につながっているのかもしれませんね!

吹奏楽部に転部

部員が10名足らずと少なく、顧問の先生もほとんどこない弱小部。

それでも仲間との合奏楽譜が読める楽しさにハマり、父親に中古のトランペットを買ってもらうほどだったそうです。

高校時代

定時制の扇町第二商業高校へ入学し、昼間は大阪ヤクルトへ勤めに出る生活。

そこで得た収入で電子オルガンを購入し、仲間と一緒にバンドを結成されたといいます。

その後、上達のためにバンドのグループレッスンや、ピアノの個人レッスンを受けるようになり、やがて教職を志すようになったそうです。

大学時代

大学進学を悩んでいたころ、バンド仲間から誘われ、夜のバーやクラブでのピアノ演奏で受験のためのレッスン代を捻出。

24歳で大阪音楽大学声楽学科に入学を果たし、卒業と同時に夜の仕事も辞められたそうです。

公立中学から私立高校での教職員

大学卒業後、27歳で音楽の教員に従事。

はじめは母校の常勤講師(1年)として勤務されていましたが、採用試験合格後は港中学校(10年)→生野中学校(8年)で吹奏楽部の顧問を務められました。

2006年に大阪桐蔭吹奏楽部総監督(顧問)に就任され、全日本吹奏楽コンクールで金賞を5回受賞するなど、輝かしい功績を残されています。

梅田隆司先生の今後の活躍にも目が離せません!

スポンサーリンク
目次
閉じる