【なぜ?】ゴッホのひまわりにトマトスープを投げた理由は?犯人の環境団体の正体も!

スポンサーリンク

ロンドン中心部の美術館で起きた、「ゴッホのひまわり」にトマトスープが投げかけられる事件。

なぜ、犯人はそんなことをしたのでしょうか・・・?

  • ゴッホのひまわりになぜトマトスープを投げたのか
  • 犯人の環境活動家について

この2点について、詳しくご紹介します!

スポンサーリンク
目次

ゴッホのひまわりにトマトスープを投げつけた事件!

2022年10月14日、展示中のゴッホのひまわりに、2人の女がトマトスープを投げつける事件が発生!

環境団体2がゴッホのひまわりにトマトスープを
出典:Yahoo!ニュース

ロンドン中心部の美術館「ナショナル・ギャラリー」で14日、展示中のオランダ人画家ゴッホの代表作「ひまわり」(1888年)に缶入りのトマトスープが投げつけられる騒動があり、警察当局は環境保護団体の活動家2人を逮捕した。

出典:読売新聞

事件の様子は瞬く間に世界中に発信され、環境保護団体の活動家を名乗る2名は逮捕されています。

また、絵画は額縁に小さな傷を負ったものの、ガラスで保護されていたため無事だったといいます。

スポンサーリンク

ゴッホのひまわりにトマトスープを投げたのはなぜ?

ゴッホのひまわりに、トマトスープを投げつけたのはなぜなのでしょうか?

出典:読売新聞

その理由は、「英国政府に対してすべての新しい石油とガスのプロジェクトの停止を求める」抗議からでした。

この2名の環境活動家は、絵画の保護地球や人類の保護と、どちらが重要なのか!」と訴えていました・・・。

また、声明では「高価な絵画に対してかける費用を環境保護のために使うべきだ」だと主張しているようです。

Tシャツの意味は?

環境保護団体の活動家の2人が、着用していたTシャツの意味について調べました!

ゴッホひまわりにトマトスープをかけた環境団体
出典:nippon.com

このTシャツには、「JUST STOP OIL(ジャスト・ストップ・オイル)」と書かれています。

活動家集団「ジャスト・ストップ・オイル」を意味しており、燃料への依存に終止符を打つつもりで活動しているといいます。

今回のゴッホのひまわりだけでなく、英国各地の美術館や博物館で環境保護を訴える活動をしているようです・・・。

手を接着剤で貼り付けた意味は?

環境保護団体の活動家の2人が、手を接着剤で壁に貼り付けたのはなぜなのでしょうか?

ゴッホひまわりにトマトスープをかけた環境団体
出典:スポニチ

調べた結果、手を接着剤で壁に貼り付ける明確な理由はわかっていません。

ですが、強力な接着剤を使って身体を固定させることで、抗議するゆるぎない意思を表しているのかもしれません・・・。

このほかにも、額縁や道路に接着剤で貼り付けるなどの行為が目立っています。

スポンサーリンク

ゴッホのひまわりにトマトスープを投げた犯人は誰?

ゴッホのひまわりにトマトスープを投げつけた犯人は誰なのでしょうか?

ゴッホのひまわりにトマトスープをかけた犯人
出典:毎日新聞

調べた結果、ロンドン市民という犯人の身元がわかりました!

左:フィービー・プラマー (21 歳)
右:アンナ・ホランド (20 歳)

ゴッホのひまわりにトマトスープをかけた犯人
出典:24HORAS

フィービーはマンチェスター大学、アンナはニューカッスル大学という現役の大学生です!

30歳未満の若い人々と一緒に統合された「ジャスト・ストップ・オイル」は、2022年2月に設立されたばかり。

この2人もその一員となり、環境保護を訴える活動をしているというわけです。

この事件で、フィービーとアンナにどのような処罰がくだるのか・・・。

事件の進展を追いかけていきます!

スポンサーリンク
目次
閉じる